Linuxジャパンのスタッフが技術&学習内容などを書いていきます。

複数のコマンド処理におけるファイル操作

linuxmame

Linuxにおいて、複数のコマンドを一度に実行する場合は、どのようにしているでしょうか?

中には、シェルを作成して複数のコマンドを羅列したりとか、
正常に処理された場合や処理されなかったりする場合など条件分岐を利用して
処理を行う人もいるかと思います。

シェルが分からない始めた方にも、ある文字列を使用するだけで複数のコマンドを実行出来たりします。
ここでは、3パターンほど実行例として紹介します。

①複数コマンドを指定
文字列は、”;”(セミコロン)

# mkdir /var/data ; cd /var/data ; pwd
/var/data

※一度に複数のコマンドを実行しています。

②正常に処理がされたら次を実行
文字列は、”&&”

#touch test.log && ls -l
合計 0
-rw-r–r– 1 root root 0 6月 4 17:46 test.log

※ファイルが正常に作成されたので、次のコマンドに移りましたね。

③正常に処理がされなかったら、次を実行
文字列は、”||”

# mkdir /var/data || ls -l /var/data
mkdir: ディレクトリ `/var/data’ を作成できません: ファイルが存在します
合計 0
-rw-r–r– 1 root root 0 6月 4 17:56 test.log

※①の段階で、フォルダが作成されており、失敗されていますので、

次のコマンドに移っています。

関連記事

コメントは利用できません。

代表者の著書&連載雑誌

ページ上部へ戻る